Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月16日

平成27年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (宇田川幸夫議員)

県道松戸草加線の柳之宮橋の架換えについて

Q 宇田川幸夫議員(自民

県道松戸草加線は、柳之宮橋が架かる綾瀬川から西側については県が拡幅整備を進めており、東側については八潮市が西袋上馬場土地区画整理事業により整備をしております。
八潮市が施行する土地区画整理事業では、松戸草加線の整備を優先的に進めるため、関連区域の整備を積極的に進め、現在までに道路整備に必要な事業用地についておおむね生み出すことができたと聞いております。今後、更にこの土地区画整理事業を進めていく上で、松戸草加線の整備を進めて周辺の土地利用を可能とする必要があり、そのためには柳之宮橋の早期の架換え完了が望まれています。
そこで、県が整備を行う柳之宮橋の架換えについて、県土整備部長にお伺いします。

A 浅井義明 県土整備部長

この道路は、草加市内の県道足立越谷線から三郷市内の東京外かく環状道路に至る全長約7.2キロメートルについて4車線で整備を進め、これまでに約6.3キロメートルの整備が完了しております。
残る930メートル区間のうち、柳之宮橋を含む綾瀬川西側の580メートル区間については県が整備を進め、東側の350メートル区間については八潮市が施行する西袋上馬場土地区画整理事業で整備を進めております。
御質問の柳之宮橋は、綾瀬川の改修計画に合わせた架換えが必要なため、橋の高さが約2メートル上がる計画となっております。
このため、周辺の土地利用や住環境への影響をできるだけ小さくするような構造の検討や、工期の短縮について詳細な設計を進めております。
設計がまとまり次第、河川管理者である国土交通省との協議を進め、地域住民の皆様の御協力をいただきながら、地元八潮市と連携しできるだけ早期に工事に着手できるよう努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?