Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月16日

平成27年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (立石泰広議員)

川口市内への警察署新設について

Q 立石泰広議員(自民

平成23年10月に鳩ヶ谷市と合併した川口市は、東京都と隣接しているという地理的条件と鉄道や道路網などの交通の利便性の高さから、人口が年々増加し、現在59万人を抱える大都市となっております。
一方、川口市内の刑法犯認知件数は、ピークであった平成13年の1万5,000件から、昨年は6,400件に減少してはおりますが、さいたま市内を除けば県内で一番多い状況であり、市民が安心できる状態には至っておりません。
特に、川口市北東部に位置する戸塚、安行、神根及び新郷地区については、人口が19万人を超えるなど、都市化が急激に進み、治安の悪化が懸念されております。これらの地区の住民は、警察署の新設を強く要望しており、これまでも県や県警察本部に対して要望を行ってまいりました。人口126万人のさいたま市内には警察署が7つもあるのに、約半分の人口59万人の川口市内には川口署、武南署の2つの警察署しかありませんので、私も最低3つ目の警察署があってもおかしくないと考えております。
そこで、川口市北東部に警察署を新設することについて、どのようにお考えなのか警察本部長に伺います。

A 貴志浩平 警察本部長

川口市北東部への警察署の新設について、地域住民の強い要望があることは十分承知をしております。
警察署新設の必要性を検討するに当たりましては、県下における治安情勢や人口推移、交通網等を総合的に勘案することとしております。
川口市は、さいたま市に次ぐ人口を有し、今後も都市化の進展や人口増加が見込まれること、市内2警察署の狭あい化や業務負担などから、警察署の新設の必要性は高いものと考えております。
しかしながら、本県警察官の業務負担は依然として過重な中、警察署新設に必要な人員の確保や用地の取得など、解決すべき課題があります。
他方、耐震強度不足により、早急に改築が必要な警察署があり、これらの庁舎を優先的に整備する計画がございます。
県警察といたしましては、これらの状況を踏まえ、総合的に検討しながら、警察署の整備を判断してまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?