Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月30日

平成27年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (浅井 明議員)

都市計画道路浦和野田線の整備推進について

Q 浅井 明議員(自民)

県東部地区4つの県道について、県土整備部長にお伺いします。いずれも越谷市内を通る県道です。私が越谷市議のとき再三再四、越谷市議会定例会にて事業決定の可否や進捗状況、着手の質問等をしました。当時の板川市長さんは、県の主体事業であり、定型の計画道路であるので、県の意向や調整をした上でないと確かな回答はできかねるとの答弁に終始されたことがありました。このような状況では、自分で直接埼玉県議会で質問をしお願いしなければならないと、私が県議を目指した動機の1つでもあります。
まず、都市計画道路浦和野田線の整備についてお伺いします。
この都市計画道路は、国道463号線と県南部から県東部及び千葉県野田市をつなぐ主要幹線道路として計画され、越谷市及び松伏地区で一部開通しておりますが、未整備区間が残っており、開通区間の効果が発揮されていないように思われます。沿線市町では、40年以上前から浦和野田線建設促進期成同盟を結成して要望を続けているところですが、なかなか進展が見られません。東武スカイツリー線との交差地点の用地は既に取得されているようですが、元荒川をまたぐ橋りょう計画場所については進展がないようですが、見通しはいかがでしょうか。現在、越谷市と松伏町の間の約1.5キロメートルの区間については事業を進めていると伺っています。現在の進捗状況と今後の見通しについてお聞かせください。

A 浅井義明 県土整備部長

この道路は全長約8.3キロメートルの幹線道路であり、これまでに約4.2キロメートルの区間の整備が完了しております。
元荒川と並行する約1.3キロメートルの区間については、ルート案の検討を進めてまいりましたが、河川計画との整合や沿道住宅地への影響及び景観の保全などの課題がありますことから、引き続き越谷市とともに調整してまいります。
越谷市と松伏町にかかる約1.5キロメートル区間につきましては、現在、用地買収率は60パーセントで、平成27年度は葛西用水路を横断するボックスカルバートの基礎工事を実施してまいります。
今後も用地買収を進めるとともに、順次、工事を進め、事業を推進してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?