Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月16日

平成27年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (江原久美子議員)

県道花園本庄線について

Q 江原久美子議員(民主・無所属

この県道は、花園インターチェンジに連結する国道140号バイパスと秩父鉄道の中間ほどをそれらに並行して東西に通る国道140号を起点にし、終点は本庄児玉インターチェンジに連結し、インターから南北方向に延びる国道462号です。この路線の延長は、重用部分を除いて合計約15キロ。管理は、熊谷県土整備事務所が管轄する深谷市分が約11キロ、そして本庄県土整備事務所が管轄する本庄市分が約3キロです。また、途中で県道深谷寄居線、熊谷児玉線、藤岡本庄線、本庄寄居線などと重用している部分もあり、それらの重用部分を含めると、その延長は5キロほど延びて約20キロに及びます。これだけの延長を維持管理かつ整備していくためには時間や費用がかかる中、整備を進めていただいていることに対し、感謝しております。
しかし、県道花園本庄線は広域的幹線道路であり、県北地域の経済活性化をも担うという意味において、寄居パーキングエリアスマートインターチェンジや花園インターチェンジ拠点整備地区のアクセスを担う重要な路線でもあります。もちろん、期成同盟会では未着工区間の早期着工の要請を含め、関係機関に整備促進活動も行っているところからも、その整備に対する地域住民の関心の高さがうかがえます。
そこで伺います。現在、整備を進めている深谷市榛沢新田地内のバイパス整備及び荒川地内の拡幅整備における現在の進捗状況と今後の見通しについて、県土整備部長に伺います。

A 浅井義明 県土整備部長

県道花園本庄線は、深谷市内の国道140号から本庄市内の国道462号までを南北に結ぶ幹線道路でございます。
深谷市榛沢新田地内のバイパス整備につきましては、深谷市道である通称コスモス街道との交差点から本庄市境までの約2.6キロメートルの区間について、整備を進めております。
現在の進捗状況でございますが、用地買収率は92パーセントとなっており、平成27年度は埋蔵文化財発掘調査を進めるとともに、県道児玉町蛭川普済寺線から東側の延長130メートル区間について、工事に着手してまいります。
また、荒川地内の拡幅整備につきましては、国道140号から秩父鉄道までの320メートル区間について、整備を進めております。
現在の進捗状況でございますが、用地買収率が43パーセントとなっており、平成27年度は国道140号との交差点部の工事を進めております。
今後の見通しにつきましては、引き続き地元の皆様の御理解や御協力をいただきながら、用地買収を進め、事業の推進に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?