Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月16日

平成27年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (松坂喜浩議員)

一級河川市野川の改修整備について

Q 松坂喜浩議員(改革

吉見町における市野川の現状ですが、市野川左岸側の改修延長は、荒川合流部から市野川、滑川の合流部までの約10.7キロで、そのうち吉見町における堤防改修実施予定延長は8.9キロになります。新江川との合流点から滑川との合流地点までの3.8キロについては、国庫補助事業として河道拡幅による整備が進められ、1.4キロが整備済みとなっています。また、県費単独事業の延長5.1キロのうち、未整備区間が700メートル残っています。前段の安藤川と同様に、治水の安全性の観点から、残された未整備区間をどのように考えられているか、県土整備部長にお伺いいたします。 

A 浅井義明 県土整備部長

市野川につきましては、荒川合流点から新江川合流点の約6.9キロメートル区間において、荒川の洪水が逆流してきた場合の影響を考慮して、堤防の幅を厚くする堤防補強工事を実施しております。
この区間は下流から順次工事を進め全体の約8割が完成し、右岸側は1,800メートル、左岸側は700メートルが未整備となっております。
平成27年度には右岸側370メートルを整備し、平成28年度も引き続き右岸側の整備を実施してまいります。
左岸側につきましては、一部に用地境界が不確定の箇所がありますので、地権者との調整を進め、早期に工事着手できるよう努めてまいります。
また、新江川合流点から滑川の合流地点を経て簗瀬橋までの約5.6キロメートル区間につきましては、河川を広げる工事を実施しており、約4割が完了しております。
平成28年度は引き続き、治水上ネックとなっている諏訪堰の改築工事を進め、早期の完成を目指してまいります。
市野川の未整備区間につきましては、今後とも、地権者の皆様の御協力をいただきながら、順次、事業を推進してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?