Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月16日

平成27年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (細田善則議員)

県道練馬川口線の整備について

Q 細田善則議員(自民

この道路は(通称)オリンピック通りと呼ばれ、国道17号新大宮バイパスと国道17号を結ぶ幹線道路で、道路沿いには多くの流通倉庫や商業施設などが立地をしております。そのために交通量が多く、大型車の割合も高くなっております。また、埼京線戸田公園駅のアクセス道路ともなっているため、朝夕を中心に歩行者や自転車の利用が多い道路であります。
都市計画道路としては、15メートル幅で決定をされており、新大宮バイパス付近や戸田公園駅付近では既にこの道路幅で整備をされておりますが、氷川町3丁目交差点付近から新曽南2丁目交差点までの約700メートルの間においては、歩行者や自転車の利用が多いにも関わらず、歩道幅が狭く、危険な状況となっております。
そこで、この区間の拡幅整備の見通しについて県土整備部長にお伺いをいたします。

A 浅井義明 県土整備部長

この道路の戸田市内の区間は、昭和10年代から30年代にかけて施行された戸田土地区画整理事業により整備されたものです。
その後、東京オリンピック関連事業や、国道17号新大宮バイパス及び埼京線の整備に合わせて、一部区間については再度の道路整備が行われた経緯がございます。
御質問の氷川町3丁目交差点付近から新曽南2丁目交差点までの区間につきましては、規定の車道幅員と、両側に幅員1.5メートルの歩道が確保されております。
県では効果的な道路整備を行うため、車道が狭い道路の拡幅整備や、歩道がない道路への歩道設置等を優先的に進めております。
御質問の区間の歩道につきましては、議員がお話しのように、朝夕の歩行者や自転車の利用が多いため、今後は周辺の道路の利用状況を見ながら、歩行者の安全を確保するための方策について検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?