Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月16日

平成27年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (中屋敷慎一議員)

日本一患者にやさしい病院であるために

Q 中屋敷慎一議員(自民

埼玉県立がんセンターは、昭和50年の開設以来、本県のがん医療の中核として展開し、平成25年12月に現在の地に新築移転し、503床の病院として生まれ変わりました。新病院は「森の中にある日本一患者と家族にやさしい病院を目指す」として、緑豊かな良好な環境の中でPET-CTの導入による診断精度の向上や手術支援ロボット「ダヴィンチ」の導入により、内視鏡下手術をより精密かつ安全に行うことで患者の身体的負担の軽減を図るなど、日々がんで苦しむ人をなくそうという使命を果たすべく取り組んでいます。
また、医療面での取組以外にも、ロビーから診察室にかけて圧迫感のない快適な空間を担保したり、ただ椅子に座って順番を待たなくても済むようなシステムを導入されたりしていて、患者さんや来院者の快適性も大変向上したと思います。
私は、ちょうどその新病院への移行の頃、鴻巣市内の病院から紹介を受けて県立がんセンターで受診している市民の方から御相談をいただきました。内容は、胸のしこりを切除して病理検査の結果を待っているのだが、なかなか結果を聞かせていただけないとのこと。お話によると、その頃、既に1か月近く経過しているとのことでした。
もはやがんは不治の病ではなくなったとはいえ、命にかかわる大変な病気です。私は、このがんの様相が定まり、治療の方針を確定するまでの病理検査の診断期間、つまり患者さんの立場からすれば不安を感じつつ過ごす期間を短くしていくことも、まさしく「患者にやさしい」ということにつながるのではないかと思います。
さて、近隣県の公立がん専門病院の規模を比べてみると、病床数415床の神奈川県立がんセンターが最も近い規模のようです。そこで、平成26年度の同病院の病理組織検査について伺ってみると、神奈川が11,378件、埼玉が8,954件、一般的検査日数は神奈川が3日から5日、埼玉が7日から14日だそうです。検査数の多い神奈川のほうが、日数は半分程度になっています。また、細胞診については、神奈川、埼玉ともほぼ同数の8,700件程度あって、一般的検査日数では、神奈川の2日に対して埼玉は7日と水をあけられています。
それぞれの地域で事情の違いはあるにしても、本県ではこの病理検査部門の体制強化を図らなければ、患者さんの不安を感じる期間の軽減はなし得ないと考えます。また、平成26年度の収支状況から見ても、事業収益の増加をはるかにしのぐ事業費用の増加が見られます。
病理検査部門の体制の強化に工夫を凝らすことで、結果として収支の改善へとつなげていくことも可能なのではないでしょうか。病院事業管理者のお考えをお聞かせください。

A 名和 肇 病院事業管理者

病理検査はがんの確定診断、治療方針の決定において大変重要な役割を果たしております。
誤診は許されないことから、がんセンターにおいても、慎重かつ丁寧に、精度の高い診断を行っております。
具体的には、臨床検査技師が検体の標本を作製し、病理医が顕微鏡で観察して診断します。診断は正確を期するため、2名の病理医によるダブルチェックを行っております。検査結果を患者さんに説明するのは主治医でございます。
通常は1週間後または2週間後の主治医の診察日に結果をお伝えすることになっております。この日程につきましては、神奈川県立がんセンターも同様であると伺っております。
症例によりましては、確定診断を出すために、1つの染色方法だけでなく、複数の方法で検査する必要があり、それ以上に時間を要するケースもございます。
議員御指摘のとおり「不安を感じつつ過ごす期間」を短くすることは、まさに「日本一患者さんにやさしい病院」づくりに直結しますことから、病理検査部門の体制充実は重要であると考えております。
従いまして、より迅速かつ正確な診断を行うため、体制や業務内容の見直しを行い、しっかり対応してまいります。その結果として、がんセンターの収支改善につなげてまいりたいと考えております。 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?