Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月16日

平成27年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (内沼博史議員)

県道飯能下名栗線の整備について

Q 内沼博史議員(自民

飯能下名栗線は、飯能市東町から下名栗まで入間川に沿った道路で、沿道には小学校、中学校、川遊び場やバーベキュー場などもあり、名栗、原市場方面へのバス通りにもなっていることから、最近では県も推奨している自転車での来訪者も多く、多いときには1日5、600名の方々がこの道路を利用しています。
しかしながら、原市場地内、久須美、小瀬戸地内など道路が狭く、大型車が来るとすれ違いができない箇所が数多く存在しています。一ノ瀬橋から原市場小学校付近の区間については通学路にもなっていて、子供たちが通学する二ノ瀬橋には歩道もありません。地元の自治会の方々から要望書も毎年提出されています。地域住民の皆様や訪れていただく観光客の皆様の安心・安全のため、一日も早い道路拡幅整備が必要であります。
そこで、一ノ瀬橋から原市場小学校付近までの整備の状況と今後の見通しについて、県土整備部長にお伺いします。

A 浅井義明 県土整備部長

この県道は飯能市内の市街地と旧名栗村を結ぶ地域の生活に欠かせない道路でございます。
御質問の一ノ瀬橋から原市場小学校付近までの1.2キロメートル区間については、一部区間で通学路に指定されており、幅員が狭く歩道も無いため、平成6年度に拡幅整備に着手いたしました。
整備の状況でございますが、用地交渉が難航し取得が困難となりましたことから、用地がまとまって買収できていた280メートル区間の工事を実施いたしました。
この道路は地域を支える重要な道路であり、通学路にも指定されておりますので改築の必要性は認識しております。
今後の見通しについてでございますが、この地域では、国道299号飯能日高バイパスの整備や県道南飯能線などの改築工事を進めております。
これらの工事の進捗状況を見ながら、飯能市と協力して地元の動向を把握し、事業の再開について検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?