Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月25日

平成28年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(田並尚明議員)

ラグビーワールドカップにおける県内の文化・物産の発信について

Q 田並尚明議員(民進・無所属

いずれにいたしましてもラグビーワールドカップが開催されれば、2015イングランド大会の場合、チケット販売枚数247万枚、海外からの観客数、推定40.6万人、経済効果、推定約3,000億円と、その大会効果はかなりのものです。熊谷に訪れる観客数は数万人規模と想定されますが、埼玉ブランドを国内外に広めるには最高のチャンスであります。特に、外国人に広くクール埼玉を発信するには絶好のチャンスです。何しろ、こちらから宣伝に行かなくても向こうから来てくれるのですから。
私は熊谷っ子ですから、熊谷中の山車、屋台を並べて勇ましいお囃子でお客様をお迎えしたいですし、ひな人形を並べたり、盆栽やきれいな花いっぱいでお出迎えするのも良いと思います。このチャンスに県内いろいろな団体と協力体制をつくり、ラグビーワールドカップにおける県内の文化・物産の発信をしていくべきと考えますが、県ではどのように取り組んでいかれるのか、県民生活部長にお伺いいたします。

A 稲葉尚子 県民生活部長

ラグビーワールドカップ2019は、国内外から多くの観客や大会関係者が熊谷市を訪れることが予想されます。まさに埼玉の文化や物産を大いにPRする絶好の機会であります。
県内では12月に、「秩父祭の屋台行事と神楽」と「川越氷川祭の山車行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
試合会場である熊谷市には、うちわまつりの山車やお囃子など歴史に育まれた伝統的な文化や芸能が数多く残っており、また、会場の近くには国宝・聖天山歓喜院聖天堂もございます。
また、県内には雛人形や盆栽をはじめとした日本の文化を象徴するものもたくさんあります。
そこで、2019年のラグビーワールドカップ大会の際には、くまがやドームや試合会場周辺で、こうした県内の伝統芸能や工芸品などを一堂に集め、国内外の方々に楽しんでいただけることを考えてまいります。
試合当日は、議員お話のとおりたくさんの山車やお囃子などをはじめ、地元ならではの特産品で国内外から訪れた方々をお迎えすることも検討してまいります。
このほか、若い世代の方々の吹奏楽や合唱、ダンスなどは全国でも高いレベルにありますので、披露する機会を設けていきたいと考えております。
地元の熊谷市をはじめ県内の文化団体や経済団体などと協力して早い時期からしっかりと準備を進めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?