埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:133230

掲載日:2018年7月13日

平成30年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(吉良英敏議員)

県道幸手久喜線の整備について

Q   吉良英敏議員(自民)

県道幸手久喜線いわゆる久喜新道は、幸手と久喜の町を結び、さらに駅に最も近い県道であり、重要な道路であります。既に久喜市内では両側歩道が整備されていますが、幸手市内に入ると歩道は未整備のままで今日に至っております。これまで東口のみの幸手駅の構造からも、出勤、通学の際には混乱、事故の多発地帯であり、県道の拡幅、歩道の整備は住民の悲願でありました。さらに、来年の駅東西通路の完成と周辺の区画整理事業が行われ、人の流れも変化することが予想され、県道の安全性が更に求められており、早急に整備することが必要であると考えます。幸手市内の県道幸手久喜線の歩道整備の進捗と今後の見通しを伺います。

A   西成秀幸   県土整備部長

幸手市内のこの県道は、東武日光線幸手駅に近く住宅や商店が多く立ち並んでおり、一部は中学校の通学路にもなっておりますが、歩道が未整備となっております。
このうち、東武日光線から久喜市境までの640メートル区間の県道南側では、幸手市により幸手駅西口土地区画整理事業が行われております。
県道幸手久喜線の歩道整備につきましては、この土地区画整理事業により確保された県道南側の歩道用地を、県が順次取得して工事を行うこととしております。
現在、県と幸手市では、土地区画整理事業と歩道整備のスケジュールなどについて協議を進めているところでございます。
他の歩道未整備箇所については、この区間の整備の進捗状況や土地区画整理事業の進展による歩行者や車両の交通量の変化などを勘案し、検討してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?