埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:133097

掲載日:2018年7月13日

平成30年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(田並尚明議員)

高校における女子ラグビー部設置の可能性について

Q   田並尚明議員(立憲・国民・無所属)

ラグビーに関しては、リオデジャネイロオリンピック競技大会にも多数メンバーが選ばれた7人制女子ラグビーのトップチーム、アルカスクイーン熊谷があります。アルカスではアルカスアカデミーがあり、小中学生を中心に将来の女子ラグビー選手を育てる活動も行っております。
ところで、高校女子ラグビーの全国大会が昨年4月に熊谷で行われました。その際、埼玉はどの高校が出るのだろうとプログラムを見ましたが、埼玉の高校はありませんでした。埼玉には女子ラグビー部がある高校がなく、アルカスアカデミーを卒業した選手たちの高校での受皿がありません。中には、男子ラグビー部に入部して頑張っている生徒たちもいるほどです。ワールドカップだけでラグビー人気を終わらせるわけにはいきません。今後もラグビー人気を持続させ、熊谷ラグビー場に人が集まってもらうためにも、県内での女子ラグビー人気を高めることも一つの方法だと思います。何しろ日本のトップチームがあるのですから。
そこでお伺いいたします。現在、県内に1校もない女子ラグビー部の設置に向けて、すぐには無理だとは思いますけれども、努力していただきたいと考えますが、教育長の御所見をお伺いいたします。

A   小松弥生   教育長

現在、県立高校には、女子ラグビー部を設置している高校はございません。
一方、小中学校時代にラグビーをクラブチームで経験した女子生徒などが、男子ラグビー部に所属しており、県内5つの高校で9名が男子生徒とともに練習に励んでおります。
そのうち4名はクラブチームにも所属をしております。
今後、ラグビーワールドカップを控え、各種イベントにより、ラグビーに触れる機会が増加するなど、ラグビー愛好の機運が高まってくると予想されます。
高校の部活動を創設するには、希望する生徒が一定人数いること、施設や設備がある程度整えられること、指導者がいることなどが必要でございます。
今後、学校の意向や女子ラグビー部創部の機運の高まりの状況を見ながら、必要な支援をしてまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?