Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成28年2月定例会 > 平成28年2月定例会 代表質問・一般質問 質疑質問・答弁全文 > 平成28年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (永瀬秀樹議員)

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月26日

平成28年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(永瀬秀樹議員)

スキップシティの整備について

Q 永瀬秀樹議員(自民

埼玉新産業拠点スキップシティは2003年にオープンして以来、様々な情勢変化により、整備予定地の約5分の2、約6ヘクタールが13年間にわたり未利用地のままとなっています。スキップシティの事業推進に当たっては、埼玉県、川口市、NHKの三者の連携が基本とされています。川口市においては、スキップシティ未利用地の利活用による地域経済の振興が次期総合計画の中に位置付けられる見通しであり、未利用地に関する新たな利活用方針を策定したい意向があると聞き及んでおります。
また、NHKにおいても新たな放送センターを含めた施設の2025年の運用開始に向け、2020年東京オリンピック後の建替え着工を目指し、放送センター並びに関連施設の建設計画が今年の夏頃にはまとめられる方向とお聞きしています。
一方、スキップシティの整備については、平成8年5月に策定された埼玉新産業拠点整備計画にのっとり街区ごとの整備計画が既に定められており、膠着している整備を推進するため、情勢の変化に応じた新たな利活用方針を検討するなど整備計画の見直しを図る必要があるかと存じます。
そこで、産業労働部長にお伺いいたします。スキップシティ未利用地の今後の整備を進めるために、県が主体となりコンテンツ産業の誘致も含めた新たな利活用方針の検討に向け、計画推進の基本である川口市、NHKをはじめ関係機関、民間企業、専門家などによる協議会等を設置し、打開策を具体的に議論すべきと考えますが、いかがでしょうか。
また、立地的にも整備計画と現在の進捗状況から見てもNHKの施設誘致が望まれます。渋谷以外で整備する施設等の誘致に向けて強く要望を行うべきと考えますが、いかがでしょうか。

A 立川吉朗 産業労働部長

まず、スキップシティ未利用地の今後の整備を進めるために、協議会等を設置し、打開策を具体的に議論すべきについてでございます。
現在の未利用地のうちB街区は平成8年に策定された「さいたま新産業拠点整備計画」に基づき、映画会社、テレビ局など映像関連企業の誘致に努めてまいりました。
また、首都圏の優位性を活かし、映画、テレビドラマのロケ地として暫定的に活用されております。
テレビドラマ『坂の上の雲』や映画『母べえ』、『20世紀少年』、『舞妓はレディ』など多くの映像作品のロケ地となっております。
C街区はNHKが所有しており、川口市が借り受け、市民のための運動場として活用しております。
スキップシティの整備に当たっては埼玉県、川口市、NHKの連携を基本として進めてまいりましたので、今後の未利用地の整備につきましても県、川口市、NHKの合意に基づいて進めることが必要でございます。
未利用地の今後の整備を推進するため、協議会など三者で議論する場を設け、コンテンツ産業の誘致や新たな方針などの検討を進めてまいります。
次にNHKが渋谷以外で整備する施設等の誘致に向けての要望についてでございます。
NHK放送センター建て替えに伴い、川口を含め渋谷以外で整備する施設もあるのではないかと期待をしております。
NHKはスキップシティにとって最も望ましい誘致対象と考えておりますので、スキップシティ内に新たな施設整備を行うよう、地元川口市とともに積極的に要望してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?