Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月19日

平成30年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(岡   重夫議員)

宮代町の一級河川姫宮落川の治水対策の現況と今後の予定について

Q   岡   重夫議員(県民)

姫宮落(ひめみやおとし)川は、久喜市、白岡市、そして宮代町を流れる一級河川です。最近の台風やゲリラ豪雨の際、町の中心部である笠原地区は道路冠水や家屋の床下浸水が発生し、そのたびに町民は不自由な生活を強いられています。現在、宮代町の下流地域から河川改修工事が行われていますが、最近の大雨の際の被害状況を見ると、笠原地区周辺の浸水対策が急がれます。
そこで、宮代町の姫宮落川の治水対策の現況と今後の予定について県土整備部長にお伺いします。

A   西成秀幸   県土整備部長

一級河川姫宮落川は、久喜市内を起点とし、白岡市、宮代町を流れ大落古利根川に合流する延長約10キロメートルの河川です。
平成28年度までに、大落古利根川合流点から姫宮橋までの延長約1キロメートルの河川整備とその上流の東武伊勢崎線橋りょうの架換えが完了しております。
平成29年度は、姫宮橋から東武伊勢崎線橋りょうまでの200メートル区間の詳細設計を実施しており、国の補正予算を活用して川幅を広げる掘削及び護岸の整備に着手する予定です。
平成30年度は、引き続きこの200メートル区間の完成に向け整備を進めてまいります。
さらに上流にある笠原地区周辺につきましては、局所的に堤防の低い箇所があることから、当面の対応として下流の流下能力を勘案しながら、堤防の嵩上げなどの対策を出水期前までに行ってまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

内容に関するお問い合わせは、各担当課が対応します。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?