埼玉県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:195407

掲載日:2021年3月31日

令和3年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(宇田川幸夫議員)

COPD対策について - セルフチェックの推進について

Q   宇田川幸夫  議員(自民)

東京都ではCOPDに関するパンフレットを作成し、その周知や予防を啓発しています。その中には、COPDの可能性があるかどうかを確認するためのチェックリストが含まれています。COPDの正確な診断には呼吸機能検査が不可欠です。しかし、この検査は人間ドック等では行われる例が多いものの、通常の健康診断では実施される例は少なく、ふだんの生活の中で自分がCOPDにり患しているどうかを考える機会が少ないと思われます。
そこで、COPDの早期発見、早期治療のためにセルフチェックができるパンフレット等を作成し、健康診断等で併用できるよう進めることはできないのか、保健医療部長に伺います。

A   関本建二  保健医療部長

COPDの症状には、長引くせき・たん・息切れなどがあります。
これらの症状は一見するとCOPDとは結び付かないため、「年のせい」「風邪の治りが悪い」などと自己判断で済まされ、結果的に重症化に繋がってしまう危険性があります。
議員ご指摘のとおりCOPDにり患している可能性をセルフチェックできるパンフレットがあれば、早期に気付いて医療機関を受診するきっかけとなります。
パンフレットの内容や活用について、市町村や健康保険組合などの意見も伺い、検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?