Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第115回白須貴裕さん(上里町))

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月9日

埼玉農業男子(第115回白須貴裕さん(上里町))

就農時に描いた農業を有言実行!!

就農約5年で面積を約10倍に拡大した白須貴裕(しらすたかひろ)さんを紹介します。

白須さんは若い頃、長野県で就職就農していました。その会社は約1か月間の冬季休暇があり、海外でバックパッカーをするなど充実した日々を過ごしていました。

そのような経験を踏まえた上で、農業は長期間の休暇が取れる職業の一つと考え、就農する決意を固めました。 

作業をする白須さん

白須さんは、幼少時から育った土地であることや多くの知人や友人が就農し、心強い味方が大勢いることから、上里町で2013年に就農しました。栽培作目は、お天道様の下で農業がしたいという思いから露地野菜を選び、中でもはくさいで身を立てようと決意しました。


70aの面積で就農した当時、10年以内に面積を5ha以上にするという目標を描いた白須さん。現在就農7年目で、約6haまで面積を拡大し、まさに有言実行を地で行っています。
また、面積6haのうち5haを占めるはくさいは農業経営の柱となっており、契約栽培で行うことで安定した収入を得られています。
 

現在は、上里町のJA青年部長やはくさい・キャベツ部会長を務めるなど地域農業の発展に貢献しています。

白須さん

「今は昔のように長期休暇は取れません。しかし、お天道様の下での農業は楽しいです。今後の目標ははくさいを10haに増やすことです。」と語ってくださいました。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?