Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第93回松丸融弘さん(小川町))

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月23日

埼玉農業男子(第93回松丸融弘さん(小川町))

憧れていた有機農業で地産地消を目指します!

 周囲を山々に囲まれた緑豊かな小川町は、有機農業が盛んな町です。そんな魅力ある町に移住し有機農業に取り組む、松丸融弘(まつまるゆうこう)さんを紹介します。

 松丸さんは農業高校を卒業後、ずっと憧れを抱いていた有機農業をするために小川町への移住を決意しました。有機農業を営む農業法人で研修を積み、平成27年1月から独立して経営をスタートさせ、今年で就農4年目です。

「初めての土地は、本当に分からないことばかり。まずは良い土を作ることから取り組みましたが、病害虫の対策も多くほとんどが手探りでした。」と、就農時は苦労も多かったようです。

松丸氏

 地元スーパーへの出荷を始めてからは、経営を安定させることが課題でした。自分の土地に合っていて、売れる品目を検討するために、たくさんの品目の栽培にチャレンジし、現在は年間15品目の野菜を作っています。

 平成28年6月に家族が就農してからは、栽培面積を広げ、売り上げを伸ばすことに成功しました。今後もエダマメ、コマツナ等の主力品目を中心に、品質や収量の向上を目指します。

枝豆と松丸氏

 地域で出た農作物残さを堆肥化し、それを利用して栽培した新鮮野菜を地域の方々においしく食べてもらう。そんな「地域循環型農業」を目指し、町内での地産地消にも積極的に取り組んでいます。

松丸氏と小松菜

 「有機農業は良い野菜ができるまでに時間がかかるが、取り組んだ分だけ結果が出るもの。心を込めて作った安心安全な野菜を、おいしかったと消費者に言ってもらえることが一番のやりがいです。」と素敵な笑顔で語る松丸さんは、これからの地域を担う若手農業者として期待されています。

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?