トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第135回長島正樹さん(神川町))

ページ番号:195162

掲載日:2021年3月17日

ここから本文です。

埼玉農業男子(第135回長島正樹さん(神川町))

  地域のなし畑を残していきたい

 第三者経営継承で、なし産地の担い手になった長島正樹(ながしままさき)さんを紹介します!

サラリーマンだった長島さんは、家族、自分のライフスタイルなど、さまざまなことを考え、自然を感じられ、また自分の仕事が形になる農業に魅力を感じ、就農を目指しました。

就農情報を集める中で、国の「地域おこし協力隊制度」を活用しながら、なし産地の担い手育成に取り組んでいた神川町を知り、「地域おこし協力隊」に応募しました。

熱意が認められ、平成29年4月家族とともに神川町に移住し、協力隊員としてなし農家のもとで3年間の研修を行いました。

この研修について、研修受入農家や神川町に「とてもお世話になった。とても良くしていただいた。感謝しています。」と、長島さんは話します。

長島正樹さん

研修と併行し、研修受入農家、長島さん、神川町、農林振興センターで第三者経営継承に向けた話合いを繰り返し、令和2年3月に、第三者経営継承協定を結び、なし経営を開始しました。

研修受入農家をはじめ地域のなし農家の助言やサポートを受けながら、妻と、「幸水」、「彩玉」、「豊水」、「あきづき」等のなしを栽培し、令和2年8月から9月まで、直売を中心に初めて販売を行いました。

作業をする長島さん

農業の魅力は「自分の仕事が形になること。自分が作った『なし』を届けたい!」と話す長島さん。今後は、「作業の効率化を進め、なし園の規模を拡大したい。地域のなし園減少をくい止める一人になりたい」と話してくれました。

一層の活躍が期待されます!

 

※ 第三者経営継承: 農業経営を親族以外へ継承すること。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?