トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第134回小川大介さん(久喜市))

ページ番号:194685

掲載日:2021年3月8日

ここから本文です。

埼玉農業男子(第134回小川大介さん(久喜市))

  大好きないちごで家族もお客さんも笑顔に

 久喜市菖蒲町でいちご栽培を行う小川大介(おがわだいすけ)さんを紹介します。

「大百笑(だいびゃくしょう) 」。いちごを食べてくれた方のたくさんの笑顔を見たいという気持ちから命名された、小川さんの直売いちご園の名前です。

小川さん御一家

 小川さんは、久喜市菖蒲町で子供の頃からいちご栽培を行う祖父母の姿を見て育ちました。保育園の時から農家になることが夢で、農業高校、農業大学校を卒業後、大好きないちごを自分の手で作りたいと新規就農しました。

 農家は大変だからやらない方がいい、との祖父母の反対もありましたが、「自分の人生なのだから自分のやりたいことをやる!」という強い思いで夢を実現しました。

 営農を開始するにあたっては、一から一人で準備しなければなりませんでしたが、小川さんは不安なことはなかったといいます。持ち前の明るさと前向きな精神で、「やればなんとかなる!」とひたむきにいちご栽培に取り組みました。現在は奥様と二人三脚で、二人の子供を育てながら楽しくいちご栽培をしています。

小川さん御一家

 就農から今年で5年目となりますが、慣れない作業の中、日々いろいろな苦労と戦っています。病気や害虫、雑草など毎年悩みの種はたくさんありますが、何か失敗があれば次の年には改善しようと、ひとつずつ課題の解決に取り組んできました。

 困った時には地域の先輩農家にアドバイスをもらったり、交流のある日本全国の農家の元に視察に行ったりするなど、熱心にいちごを勉強しています。

箱詰めをする小川さん

 今後の目標を伺うと、今よりももっと収量を伸ばしつつ、味にこだわったいちごを作りたいと答えてくれました。

 農業は全ての作業が楽しいと言う小川さん。愛情のたくさん詰まったいちごでこれからもたくさんの人に笑顔を届けます。是非シーズン真っただ中の小川さんのいちごを食べにいらしてください!

いちごと小川さん

いちご

【大百笑通販サイト】

https://tsuku2.jp/farmer1583

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?