Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第114回中野裕貴さん(さいたま市))

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月14日

埼玉農業男子(第114回中野裕貴さん(さいたま市))

「自分で決める」農業の実践!

 カリフラワーの収穫に忙しい中野裕貴(なかのゆうき)さんの畑におじゃましました。

 平成30年3月に農業大学校を卒業して就農した中野さん。祖父は農業を行い、近隣も農家が多い環境で農業を目指すことは中野さんにとって自然だったとのことです。

 中野裕貴さん

ーおいしそうなカリフラワーですね。

近年、カリフラワーが消費者に見直され、需要が高まっています。収穫時期が早いものから遅いものまで異なる品種を栽培することで長い期間出荷できます。

カリフラワー 

 

ー地域特産物の「くわい」にも取り組まれています。

しばらく我が家では栽培がとだえていました。しかし、就農にあたりくわい栽培を地域の方と一緒に取り組んでいきたいと考え、平成30年から栽培を復活させました。

水管理が難しいことに加え、一般的な作物ではないので情報が得にくいこともあって、栽培は手探りで行なっていますが、これからも地域の特産物の振興のために作り続けていきたいと考えています。

 

ー農業の魅力ってなんでしょう?

自分で作付けや作業スケジュールを計画し、実行できるところです。経営全体を自分で管理しなければならないところは難しいですが、やりがいがあります。

 

ー中野さんは、うまくいかない時も必ず解決策を考えているようですね。

うまくいった時もそうでない時もその要因を探り、次に生かすようにしています。初めてのことが多く、また失敗も多くありますが、すべて経験だと思い、改善に向けて日々奮闘しています。

作業をする中野裕貴さん 

 

ー中野さんの野菜はどこで買えますか?

「木崎ぐるめ米ランド」などJAさいたまの直売所に出荷しています。これからの秋冬期はカリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、くわいを販売します。

 

ー青年組織の活動にも積極的に参加していますね。

さいたま市4Hクラブに加入して活動しています。平成30年度と令和元年度は埼玉県青年農業者研究大会の実行委員をしており、その活動を通じて地元だけでなく県内に仲間ができました。令和元年度は関東大会が埼玉県で開催され、実行委員で運営を経験したことも大きな自信となりました。

 

就農後、ひとまわり成長した中野さん。これからの活躍を期待しています。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?