トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(角田大輔さん(加須市))

ページ番号:204375

掲載日:2021年9月21日

ここから本文です。

埼玉農業男子(角田大輔さん(加須市))

  地域の仲間とともに、明るく農業の経営発展を目指します!

 加須市で主穀生産に取り組む角田大輔(かくた だいすけ)さんを紹介します

 角田さんは祖父が米ときゅうりを栽培する農家に生まれ、幼少の頃は作業を手伝っていましたが農業経営を継ぐ意志はなく、最初に目指したのはミュージシャンでした。ただ、ギターを弾きながら仲間と共に頑張ったもののメジャーデビューが果たせなかったため、その後はサラリーマンとして働く道を選択しました。

 

 勤め人としての日々も充実していましたが、そんな中で腰を痛めてしまい、思いどおりに仕事ができなくなってしまいます。そこで改めて自分の将来を考え直し、既に農業経営を継承していた中学時代の同級生に相談したところ、「中途半端に家の農業を手伝うなら、専業になった方が絶対いい」とアドバイスを受け、就農に向けて人生の再スタートを切りました。

 

 同級生に市内の米の生産法人を紹介してもらい、まずは就職就農して技術習得をすることにしました。そこで目の当たりにしたのは、法人の経営者やそこで働く同僚が前向きで、楽しそうに農作業を行う姿でした。「農業は大変で儲からない」という先入観を持っていた角田さんは衝撃を受け、「農業は想像以上に面白いかもしれない」という考えに、自分自身が変化していくのを感じました。

 数年間同法人で働いた後、今年から約6haの規模で主穀経営をスタートさせました。地域の青年農業者組織にも加入し、昨年から会長も務めています。そこでも、組織の仲間が農業に対して高い目線をもっていることに常に刺激を受けており、「今後はもっと規模拡大をして、更なる経営の発展を目指したい」と話しています。                                     

                                                                                                                   kakuta1

 「農業でもサラリーマンでも、仕事が大変なことは同じ。だったら農業をやる方が絶対いい!」と明るく笑う角田さん。今後の活躍が期待されます。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?