トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(柿澤文喜さん(深谷市))

ページ番号:206635

掲載日:2021年10月21日

ここから本文です。

埼玉農業男子(柿澤文喜さん(深谷市))

ミニトマト栽培を通じて農業を志す人に居場所を提供したい。

県内一の農業生産地域である深谷市でふかや4Hクラブの会長を務める柿澤文喜(かきざわ ふみゆき)さんをご紹介します。

柿澤さんの経営概要

 柿澤さんは深谷市永田地区で2,145平方メートルのハウスでミニトマト約4,000本を栽培し、埼玉産直センターに出荷しています。平成28年にミニトマト栽培を始めてから、今年で7作目となり、パートさん2名と共に日々農業に励んでいます。

kakizawa1

【深谷市永田地区でミニトマトを栽培している柿澤さん】

農業を始めたきっかけ

 柿澤さんが将来について真剣に考え始めたときに、学生の頃に得意だった生物のことが頭に浮かんだそうです。祖父が農業を営んでいたこともあり、柿澤さんの植物を育てる仕事をしたいという思いが、農業を営む原点となりました。

 そして、埼玉産直センターに出荷する農家さんの下で農作業を体験するうちに、農業へ興味・関心が強くなり、就農を決意しました。

農業の面白さ・大変さ

 kakizawa2

 「農業は、努力すればした分だけ成果が返ってくる」と、柿澤さんは話します。

柿澤さん曰く、「農業は農作物の生育状況に左右されるが、他の職種に比べ自分のペースで仕事ができる。栽培方法や農業経営について自分で決めることができる点に面白さ・楽しさを感じる」そうです。

 その一方で、「農業は毎年同じことをやっているだけではうまくいかない」こともあり、天候や病害虫等変化する状況に合わせて対応するため、毎年試行錯誤を繰り返しています。

今後挑戦したいこと

 現在、柿澤さんのハウスでは10aあたり約11トンのミニトマトを収穫しています。 

 今後は、ミニトマトの収量を約15トン/10aにまで伸ばすことを目標とし、経営の安定化を目指すとのことです。経営が安定したら、ハウスを増設して、農業を志す人たちを受け入れ、育てる法人を運営することが柿澤さんの夢です。

 柿澤さんが就農したときにお世話になった方々への感謝の思いから、就農を目指す人たちの受け皿となることで、地域に恩返ししたいと考えたことがきっかけになったそうです。

 「私自身も就農するまで大変だった時期があったため、農業を志す人たちに対して居場所を提供したい」とおっしゃっていました。

会長を務めるふかや4Hクラブ

 ふかや4Hクラブは、会長である柿澤さんを中心に、クラブ員13名で様々な活動を行っています。

具体的には、地域課題を解決するためのプロジェクト活動や販売イベントでの農産物の販売、深谷市産農産物のPRを行っています。 「ふかや4Hクラブに入ったことで、様々な農業形態を知ることができたり、農業者同士で交流したりと、いいこと尽くしでした」と柿澤さん。

kakizawa3

 柿澤さんは夢の実現に向け、令和3年度のプロジェクト活動で、「ミニトマトの収量向上」をふかや4Hクラブ員とともに取り組んでいます!

これからのさらなる活躍が期待されます!

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?