トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第132回田口直樹さん(秩父市))

ページ番号:190601

掲載日:2021年2月9日

ここから本文です。

埼玉農業男子(第132回田口直樹さん(秩父市))

  いちごを通じて地域に貢献していきたい

秩父市で観光いちご園を経営している農業男子、田口直樹(たぐちなおき)さんを紹介します。

田口直樹さんは秩父市黒谷にある「和銅農園」の二代目として、日々仲間といちごに向き合っています。

田口さんは自身でも覚えていないほど幼い頃からスコップを握って、いちご栽培をしている父親の後ろでお手伝いをしていたそうです。地元の高校の農業科を卒業した後、本庄市内の会社に就職しましたが、家庭の事情をきっかけに就農を決意。父親に教わりながら、親子二人三脚でいちご栽培に取り組んできました。平成29年には秩父農林振興センターの支援のもと法人化し、父親から社長業を譲り受けてからも持ち前の行動力で事業拡大を続け、今では栽培面積約60a、パートを含め社員10人の大規模観光農園になりました。現在はいちごの販売だけでなく、県の事業を活用し、苺サングリアなど六次化商品の販売も行っています。
作業中の田口さん


 現在は「和銅農園というチームみんなで活動しているときが楽しい」と語る田口さん。今後の夢を尋ねると、「和銅農園の社員は真面目に働いてくれていて、栽培技術も高い。そういった社員が自社から独立して地域にでて輝いてほしい」と話してくれました。また自身のこれまでの成功は周りの人に恵まれていたことが大きいとし、現在行っている障がい者の雇用など農福連携を大きく進め、地域貢献をしていきたいとのことです。
和銅農園


 いちご栽培だけでなく、人との繋がりを大切にされている田口さん。現在、いちご狩りはもちろん、自社HPにていちごのオンライン販売や六次化商品の販売、キッチンカーでの移動販売にも力を入れています。秩父の恵みがギュッとつまったおいしいいちごを是非お召し上がりください!

あまりんを持つ田口さん

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?