Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業男子特集 > 埼玉農業男子(第124回坂田哲さん(美里町))

ここから本文です。

 

掲載日:2020年9月8日

埼玉農業男子(第124回坂田哲さん(美里町))

農業で地域に恩返し

 美里町で新規就農された坂田哲(さかたさとし)さんを紹介します。

 坂田さんは今年、地元である美里町で就農しました。現在は露地野菜の周年栽培を目指して、オクラを5a栽培しています。秋冬にむけて、ブロッコリーを10a、カリフラワーを10a、キャベツを20a栽培する準備をすすめています。

 坂田哲さん

 祖父母が養蚕をやっていて、幼いころから農業が身近にある環境で育った坂田さん。高齢化により遊休農地が増えていることから、誰かがやらなくてはいけないと、農業に強い関心がありました。一般企業で1年半働いた後、農業への思いが強くなり、深谷市と群馬県の農業法人で5年働き、今年独立しました。

 美里町は米麦が盛んな地域ですが、坂田さんが野菜栽培を始めるということで周りからの期待も大きく、土地を借りてくれと多くの人から言われたそうです。

 「野菜は正直。手入れした分返ってくることがやりがい。」「地域とのつながりを大事にしたい。地域貢献したい。」と話す姿がとても印象的で、「地域の人の協力がないと、農業はできない。失敗して次どうすれば良いか不安なときは周りの人に聞いて、横のつながりを大事にしている。」と話してくれました。

 今後の目標は「地域の多くの方に新鮮な野菜を食べてもらいたい。そして、将来は米麦の栽培にも取り組み、様々な農作物を自分の直売所で販売していきたい。子ども食堂への食材提供も考えている。」と意欲的に話していました。

 地域とのつながりを大事にする坂田さんに今後も注目です。

栽培したオクラ

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 新規参入支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?