環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 刊行物 > 知っておきたい埼玉の環境

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月5日

知っておきたい埼玉の環境

目次

発刊のことば(PDF:7KB)

大気環境(PDF:8,783KB)

埼玉県では全国的に見ても特徴的な大気汚染現象が現れている。また、昨今の環境問題は国を超えて広域化し、地球規模の問題にまでも及んでいるが、その原因物質には人間活動が盛んな都市域からの影響が大きく、埼玉県でも例外ではない。したがって、我々が生活している大気環境の問題を知るためには、まず、埼玉県の大気汚染を理解する必要がある。本稿では、埼玉県の大気環境の過去から現在について、発生源、大気汚染、地球環境問題の3つの視点から概観した。それぞれの項目で、基礎知識、状況、対策などを述べるとともに、これに関連した当所のこれまでの取組についても紹介した。

水環境(PDF:3,498KB)

我が国では昭和30年代を境に、高度経済成長による工業化や人々の生活スタイルの変化によって、排出される汚濁水の量が急激に増えた。そのため、都市近郊の河川はことごとく下水道のような状況に陥ったが、行政、住民、技術者の連携により、公共用水域の水質は最近になって目に見えて改善されてきた。しかし、本来の河川・湖沼の姿や健全な水循環を取り戻すには、まだまだ各方面の努力が必要である。本稿では、埼玉県における水環境の状況について、公共用水域の水質を中心に、汚濁による環境悪化が顕在化した頃から現在に至るまでを概観し、現状と対策、今後の課題について考察した。

廃棄物管理(PDF:4,033KB)

我が国における廃棄物管理は、本格的には明治時代の衛生処理から始まった。そして、近年では持続可能な循環型社会システムの構築に資するものであることが望まれている。そのためには、廃棄物の再資源化率の上昇や廃棄物の減量化は重要であるが、再資源化物や残渣が環境汚染を引き起こさない処理システムの構築も重要である。本稿では、廃棄物管理の変遷を法整備を中心に概説した後、現在の埼玉県における廃棄物の発生、処理状況及び問題点、さらに施策等の廃棄物管理について述べるとともに、施策遂行や問題解決のために当所が関与してきた取組等について紹介した。

環境中のダイオキシン類(PDF:1,817KB)

ダイオキシン類は強毒性、難分解性、環境残留性、内分泌かく乱作用の疑い等、人類を含めた生態系への影響が懸念されている化学物質である。平成8年に埼玉県内の産業廃棄物等の焼却施設が集中した地域で、周辺環境へのダイオキシン類による汚染が懸念されたことを契機に、県内でのダイオキシン類に係る環境調査は国、県、市町村により数多く実施されてきた。本稿は、これらの調査結果を基に、本県の環境中ダイオキシン類の濃度レベルについて考察した。また、本県で起こった様々な環境での汚染事例を紹介し、今後の課題についても言及した。

地質地盤環境(PDF:10,467KB)

人々が生活の基盤とする大地に、今、環境汚染のみならず、都市化の進展に伴う自然災害リスクの増大などの問題が起こっている。これらは広い意味で、大地を構成する地質地盤に関する環境問題といえる。本稿では、はじめに、埼玉県が抱える様々な地質地盤環境問題を理解する上で必要となる基礎知識(埼玉県の地形地質、地下水環境などの特徴)について解説した。次に、具体的な問題として地盤沈下や土壌・地下水汚染、さらに自然災害リスク(水害・地震被害)を取り上げ、その歴史的経緯や現状を述べるとともに、問題解決を目的とした県の取組(行政施策、当所の調査研究成果)を紹介した。

自然環境(PDF:2,676KB)

近年の僅か数十年間で急速に地球環境が劣化した。人類生存のための国際的規範となった「持続可能な社会」の実現には地域生態系の保全が不可欠であり、首都圏埼玉の重要な責務でもある。本稿では、埼玉の自然環境について、中山間地域、都市近郊地域、市街地等と地域別に区分して紹介するとともに、各地域に共通する河川・水辺の環境や、動植物の多様性についても横断的にとりまとめた。それぞれ、現状や問題点、対策の方向性を自由な視点で概説した。また、光化学オキシダントの植物影響や、ムサシトミヨ、ミヤマスカシユリの保護・保全など、地域性の高い課題についても、研究成果を交えて紹介した。

資料

執筆者名簿(PDF:7KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?