環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 刊行物 > 埼玉県公害センター報No8-1

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月17日

埼玉県公害センター報No8-1

10周年記念特集

1 設置までの経緯(PDF:105KB)

2 組織

3 職員(PDF:220KB)

4 10年のあゆみ

昭和45年度(PDF:83KB)

  1. 公害センターの設置
  2. 深刻化する公害に対処
  3. 調査研究課題
    (1)自動車排出ガス中の鉛の測定法に関する研究

昭和46年度(PDF:195KB)

  1. 新庁舎の建設
  2. テレメーター準備室の設置と大気汚染常時監視システムの導入
  3. 県民生活部公害課が二課に分かれる
  4. 大気汚染測定車の導入
  5. 調査研究課題
    • (1)瓦工場周辺におけるフッ素化合物による公害とその除害について
    • (2)鋳物工場周辺の大気汚染調査
    • (3)中川の汚濁負荷量調査

昭和47年度(PDF:235KB)

  1. 研究部第三科の設置とテレメータ準備室の改称
  2. 県政世論調査の結果「公害をなくす」が第1位
  3. 調査研究課題
    • (1)自助車騒音に対する明瞭度試験
    • (2)大気中のPANの創意法の開発
    • (3)セメント工場周辺の粉じん調査
    • (4)川口地区におけるキュポラによる粉じん公害実態調査
    • (5)煙道排ガス中のPCBに関する研究
    • (6)奇型魚の実態調査

昭和48年度(PDF:243KB)

  1. 次長職の設置と研究部の改組
  2. 環境部の設置と公害規制課の改組
  3. 光化学スモッグ注意報発令日数最高
  4. 調査研究課題
    • (1)大気中アンモニアの分析法の検討
    • (2)セメント工場よりのカドミウム汚染について
    • (3)大気汚染広域立体調査(一都三県共同調査)
    • (4)主要河川における魚類及び魚場の重金属汚染調査

昭和49年度(PDF:122KB)

  1. 酸性降雨による被害者発生
  2. 調査研究課題
    • (1)振動伝播経路の遮断に関する基礎研究
    • (2)二酸化窒素測定法の比較
    • (3)植物による大気汚染調査
    • (4)アンモニア性窒素の分析法について

昭和50年度(PDF:371KB)

  1. 大気騒音部第一料・第ニ科及び水質部第一科・第二科の改称
  2. 光化学スモッグ、史上空前の濃度と被害者
  3. 六価クロムによる環境汚染問題
  4. 調査研究課題
    • (1)湿性大気汚染調査(第1報)
    • (2)黒瓦焼成排ガス中のフッ素化合物含有量調査について
    • (3)主要河川水質調査結果について
    • (4)河川底質の重金属調査
    • (5)浦和市秋ケ瀬湛水地のpH上昇について
    • (6)リグニンによる河川汚染実態調査
    • (7)洗剤の生分解性と環境汚染に及ぼす影響について
    • (8)チリ紙、トイレットペーパー製造工場廃水の凝集沈殿処理に関する検討

昭和51年度(PDF:397KB)

  1. 環境部大気規制課・水質規制課の改称と公害監視室の新設
  2. 調査研究課題
    • (1)窒素酸化物自動測定機の精度に関する研究
    • (2)硫黄酸化物自動測定機の精度に関する研究
    • (3)簡易測定法による硫黄酸化物及び窒素酸化物の測定について
    • (4)キュポラにおける硫黄の分配に関する調査
    • (5)湿性大気汚染調査(第2報)
    • (6)大気汚染自動測定機の保守管埋に関する検討
    • (7)光化学スモッグの流跡線解析
    • (8)河川のBODとCODの相関関係について
    • (9)へい死魚の死因究明に関する研究(第1報 シアンによるへい死)

昭和52年度(PDF:651KB)

  1. 環境部公害対策課の改称と公害監視室の追加新設
  2. 調査研究課題
    • (1)地盤特性と交通振動こついて
    • (2)人間の味覚の分布について
    • (3)オキシダント計の動的校正
    • (4)SOx及びNOxの簡易測定値と自動測定値の関係について
    • (5)大気中のクロム測定法について
    • (6)高周破誘導炉による瓦中フッ素の迅速定量法
    • (7)湿性大気汚染調査(第3報)
    • (8)キュポラより発生する「ばいじん」の理化学的特性について(第1報)
    • (9)アルミニウムニ次精錬より発生する「?はいじん」の理化学的特性について
    • (10)上層風・気温分布と光化学スモッグ
    • (11)オキシダント日最高濃度とその出現時刻の分布について(海岸線からの距離)
    • (12)河川水のTOCとBOD、CODとの相関こついて
    • (13)河川水中の重金属
    • (14)へい死魚の死因究明こついて(第2報 フェノール類によるへい死)
    • (15)フレームレス原子吸光分光光度計による工場排水分析法の検討

昭和53年度(PDF:494KB)

  1. 調査所究課題
    • (1)ガスクロマトグラフィーにおける並行カムラ法
    • (2)道路近傍における窒素酸化物の動態こついて
    • (3)光化学オキシダント予測における気象インデックス
    • (4)環境大気測定データ作成評価に関する課題
    • (5)ブレーキ工場からのアスペスト粉じんについて
    • (6)非特定重大障害物質発生原等対策調査(フタル酸エステル)
    • (7)非特定重大障害物質発生源等対策調査(アスベスト発生施設)
    • (8)ガラス溶融炉から発生する「はいじん」の理化学的特性について
    • (9)シラサギにおける有機塩素系農薬とPCBの含有量
    • (10)出羽堀の水質異常と綾瀬川中流域の魚浮上について
    • (11)入間川におけるpHの上昇について
    • (12)Navicula cryptocephala var.ntermediaの分類学的検討
    • (13)排水中の油分の定量について
    • (14)電気メッキ排水処理施設の問題点

昭和54年度(PDF:663KB)

  1. テレメーター室を大気保全課に移管
  2. 調査研究課題
    • (1)埼玉県における低周波空気振動公害
    • (2)紫外線吸収 オゾソ測定機の湿度影響
    • (3)航空機を用いた高速大気観測方法に関する検討
    • (4)建屋からの排出による拡散実験
    • (5)鋳物工場から発生する粉じんの粒度分布について
    • (6)ボイラーより発生する「ばいじん」の理化学的特性について
    • (7)キュポラより発生する「ぱいじん」の理化学的特性について(第2報)
    • (8)大気移流経路の統計的把握ついて
    • (9)紫外吸光光度法による河川水の有機汚濁評価について
    • (10)クチビルケイソウCymbella ventricosaの分類学的検討
    • (11)荒川の付着藻類と水質について
    • (12)河川底質のサンプリソグについての一考察(重金属と粒度分布について)
    • (13)活性汚泥の生物相に対する原水質の影響
    • (14)河川の生物学的調査

5 今後の方向(PDF:91KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?