トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(バロン規秀(ばろんみほ)さん(上里町))

ページ番号:207489

掲載日:2021年11月9日

ここから本文です。

埼玉農業女子(バロン規秀(ばろんみほ)さん(上里町))

法人化と6次化カフェの経営に挑む

両親への想いを形に

ichigo

(バロン規秀さん:写真右)

 バロン規秀さんは、令和3年8月本庄早稲田駅近くに「宝美(ほうび)いちご」カフェを開店しました。

 お店で使ういちごは、22年前にUターンで就農した両親が栽培したものです。

 苦労を重ねていちご栽培に取り組む母の姿を見て、規秀さんは「母が輝くことができたら」、また、人と接することが好きな母が「活躍できる場を作れれば」との想いを実現する場としてカフェを始めました。

 カフェの取組とともに、「女性でもできる農業」の実現に向けて、5月には「リトルファーマーズ合同会社」を立ち上げ、その代表となりました。

 今後は、いちごの栽培面積を増やし、お客さまが求めるものを作っていきたいと笑顔で話してくださいました。

お問い合わせ

農林部 農業支援課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?