トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第141回佐々木晴美さん(吉見町))

ページ番号:190305

掲載日:2021年2月2日

ここから本文です。

埼玉農業女子(第141回佐々木晴美さん(吉見町))

作業の工夫が楽しい!

いちご農家の後継者、佐々木晴美さんをご紹介します!

佐々木晴美さん

 

 家業がいちご農家だったため、小さい頃から作業を手伝っていたという晴美さん。

 農業に本腰を入れて関わるようになって今年で3作目。現在は、8棟ある単棟ハウスのうち4棟(約8a)の栽培管理を任されています。品種は「やよいひめ」で、お父さん、晴美さん、妹さんの3人で作業しています。

 

【本格的に後を継ぐと決めた理由】

 今まで作業を手伝ってくれていた親戚が高齢のため引退したこと、また農業という仕事の裁量の自由度に強く惹かれたそうです。

いちご1 いちご2

 

【作業の楽しさ】

 ほ場が自宅近くにあるため、前を通るとついつい作業をしてしまうそうです。特に、育苗時期に小苗をポットに挿していく作業は、作業の進捗状況が目に見えて分かるため、達成感が感じられると語ってくれました。

 県の普及指導員が作業の改善提案をすると、「まずは1棟で試してみる!」と積極的に新しい技術を取り入れようとしてくれます。

 毎年変わる天候に合わせて栽培を行う難しさも感じつつ、毎日の作業を通じていちごのことが分かるようになったり、作業が楽になるよう工夫したりすることが楽しいと話してくれました。

 

【これから】

 病害虫防除の省力化に向けて新たな設備投資を行うなど、おいしいいちご作りに余念がありません。今後は、晴美さんと妹さんの2人で作業することを視野に入れ、作業の省力化を目指して様々な工夫を考えていきたいと話してくれました。

 「いちごの里」吉見町の新たないちご農家として、期待されています。

佐々木晴美さんといちごハウス

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?