トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第143回加藤幸恵さん(北本市))

ページ番号:198392

掲載日:2021年5月14日

ここから本文です。

埼玉農業女子(第143回加藤幸恵さん(北本市))

「お客様に喜ばれる、美味しいトマトを作りたい!」
美味しいトマトづくりに愛情を注いでいる加藤幸恵さんを紹介します。

北本市でトマト栽培を行っている加藤幸恵さん。

大玉トマトのほか、いろいろなミニトマトを約20種類栽培しています。直売所ではミニトマトの量り売りを行っており、お客様からは「いろいろなトマトを食べ比べられて、自分好みの品種が選べる。」と好評です。

写真1

結婚前は食品会社にお勤めしていた加藤さん。ご実家は肥料屋さんだったので、その関係で大学も農学部に進学されたそうです。

大学で知り合ったご主人と結婚する時には、家業である農業を手伝う意識はそれほどありませんでしたが、結婚後、ご家族が生き生きと農作業に取り組む姿を見て「自分もやろう。」と思ったそうです。

以前から加藤さんのお宅では、埼玉県農業大学校の長期研修で学生を受け入れていましたが、幸恵さんがご結婚された年の研修生は女性で、「住み込みの学生さんと一緒に農作業をしていくうちに、作業にも自然と馴染めました。」と加藤さん。

現在も、毎年のように研修生の受け入れをしてくださっています。

加藤さんの担当はトマトの栽培管理、収穫と荷造り。また、出荷のある時にはスーパーや直売所まで配達も行っています。

「農作業は楽しいです。お客様とお話をするのも楽しいです。トマトが褒められると、よし、頑張ろう!と励みになります。」とおっしゃっています。

自宅そばの直売所は、トマトのシーズン(3月~6月)のみ開店しています。
そこではミニトマトの量り売りを行っています。

写真2加藤さんのところでは大玉トマトはもちろんですが、ミニトマトを約20種類栽培していて、直売所には色や形の違うカラフルなミニトマトがたくさん並びます。いろいろな品種をちょっとずつ試したり、好きな品種を好きなだけ購入できるので、お客様からも好評です。

「これからもお客様に喜ばれる美味しいトマトを作っていきたいです。」と夢を話してくれました。

これからトマトのシーズンを迎えます。ぜひ直売所にお立ち寄りください。

 

 

写真3

 

  直売所 北本市中丸10-94

  平日 13時00分~16時30分、土日 13時30分~15時00分、月曜休日

 

 

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?