トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第137回矢田堀和江さん(熊谷市))

ページ番号:187542

掲載日:2020年12月3日

ここから本文です。

埼玉農業女子(第137回矢田堀和江さん(熊谷市))

チャレンジ精神で 楽しい農業を!

夫婦揃って農業大学校で学び、農業を始めました!

 熊谷市で米麦と露地野菜を栽培している矢田堀和江さんを紹介します。

 両親と矢田堀さん夫婦の4人で農業に携わっています。 時々大学生の娘さんも出荷を手伝ってくれるそうです。

青空のもと、麦まきの準備をする矢田堀さん

              〈 青空のもと、麦まきの準備をする矢田堀さん 〉

 矢田堀さんのご主人は会社勤めでしたが5年前に退職し、農業を目指すべく、夫婦揃って農業大学校の短期野菜専攻に入学しました。

 1年後の平成28年にご主人は就農。

 ご本人は、さらに有機栽培専攻に再入学し、平成29年に就農しました。

 平成28年には農業大学校で学ぶかたわら、県主催の「農業女子キャリアアップ講座」を受講し、女性視点での農業の取り組み方も学びました。

 就農後は、家族と話し合いながら、経営規模や販路の拡大に取り組んできましたが、今年から全く新しい品目として、いちご栽培にチャレンジしています。育苗から取り組み始め、何とか病気も出さず順調に経過しています。今から赤い実がなるのが楽しみです。

人生初、いちご栽培にチャレンジ!

           〈 人生初、いちご栽培にチャレンジ! 〉

 「農業は、自然の中で、四季の移ろいを身近に感じることができるのが魅力。これからもチャレンジ精神を忘れず、家族の和を大切にしながら農ライフを楽しんでいきたい。」と語っていました。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?