トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第145回守屋清子さん(小鹿野町))

ページ番号:202380

掲載日:2021年8月3日

ここから本文です。

埼玉農業女子(第145回守屋清子さん(小鹿野町))

小鹿野町のきゅうりをもっとPRしたい!

小鹿野町の(同)守屋農園のきゅうりを担う守屋清子さんを紹介します

清子さんは、同じ会社に勤めていた聡さん(実家がきゅうり農家)と結婚し、2人目のお子さんの出産を機に、守屋農園の仕事を手伝うようになりました。

聡さんが会社を辞めて実家に入り、平成28年に守屋農園が法人化してからは、きゅうりの選別・出荷作業、地元スーパー数店舗への納品、会社の事務の仕事を担当しています。

honnninn

守屋農園はきゅうりの生産面積が80aと規模が大きく、一年中きゅうりを生産しています。清子さんは、3人目のお子さんが5歳とまだ小さいので、仕事と子育てに忙しい毎日を過ごしています。

3

結婚して、この地域に来てから、家族だけでなく周りの人に助けられる事も多いそうです。守屋農園では、これまで研修生を多く受け入れており、最近は近所に移住してきゅうり生産を始める人が増え、新しい人との交流も増えました。そんな地域の人々との交流によって自分も元気をもらっているそうです。

今後は、産地として長く続いている小鹿野町のきゅうりをもっとPRし、守って残していきたいそうです。守屋農園がきゅうりのPRとして作っている商品「秩父きゅうりかっぱのサイダー」の販売も清子さんの担当です。かっぱのサイダーは西武秩父駅の祭りの湯、秩父地域の直売所等で販売されています。是非一度ご賞味ください。

4 5

お問い合わせ

農林部 農業支援課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?