大宮公園 > 大宮公園緑花情報 > ハクモクレン

ここから本文です。

ページ番号:22906

掲載日:2010年4月1日

ハクモクレン

大宮公園緑花百景 詳細情報

ハクモクレン

ハクモクレン モクレン科モクレン属 花期:3月中旬~4月上旬

見られる場所 含水楼跡、双輪場東口広場、公園事務所

中国原産の落葉高木で高さ15mになる。花はコブシに似ているがコブシより重量感があり、花弁はあまり開かない。紫色の花を付けるシモクレンはハクモクレンのように大きくはならない。大宮公園の公園事務所裏にあるハクモクレンの大木は、公園開園時(明治18年)に建てられた休憩施設の含水楼の庭に植えられていたものと思われる。

ハクモクレン

平成18年3月19日撮影

大宮公園公園事務所

ハクモクレン

平成19年3月18日撮影

大宮公園公園事務所

ハクモクレン

平成18年3月19日撮影

大宮公園双輪場東口広場

ハクモクレン

平成19年3月12日撮影

大宮公園双輪場東口広場

お問い合わせ

都市整備部 大宮公園事務所  

郵便番号330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町四丁目

ファックス:048-641-2656

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?