大宮公園 > 大宮公園緑花情報 > ビョウヤナギ

ここから本文です。

ページ番号:22930

掲載日:2010年4月1日

ビョウヤナギ

大宮公園緑花百景 詳細情報

ビョウヤナギ

ビョウヤナギ オトギリソウ科オトギリソウ属 花期:6月中旬~7月中旬

見られる場所 小動物園、児童遊園地

中国原産の半落葉性小低木。キンシバイと似ているが、より雄しべの目立つ花を咲かせる。未央柳又は美容柳、美女柳と書き、花が美しく葉が柳に似ていることから名付けられた。未央とは、玄宗皇帝が長安の都に造らせた楊貴妃とともに暮らした未央宮のことである。そこに植えられていたとの説があり、未央から美容、美女へ変化しビョウと呼ばれるようになったらしい。

ビョウヤナギ

平成16年6月8日撮影

大宮公園児童遊園地

ビョウヤナギ

平成17年6月15日撮影

大宮公園児童遊園地

お問い合わせ

都市整備部 大宮公園事務所  

郵便番号330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町四丁目

ファックス:048-641-2656

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?