ここから本文です。

ページ番号:22920

掲載日:2010年4月1日

アカシデ

大宮公園緑花百景 詳細情報

アカシデ

アカシデ カバノキ科クマシデ属 紅葉期:11月中旬~12月上旬

見られる場所 護国神社参道付近、旧ボート池北岸

アカシデは樹高10~15mになる落葉高木で、北海道南部から九州、朝鮮半島に分布する。低地から丘陵地の雑木林に生育し、樹皮は灰白色で滑らかであるが、幹は肥大成長が均等に行われないため凹凸が出来、老木となると太い脈状の出入りが多くなる。名前の由来は花穂の垂れる様子が注連縄に垂れる紙(四手)に似て新芽が赤いことによる。床柱、家具等に利用され、盆栽界ではイヌシデとともにソロの名で親しまれている。紅葉も赤褐色となり美しい。

アカシデ

平成15年11月26日撮影

大宮公園旧ボート池北岸

アカシデ

平成15年11月26日撮影

大宮公園旧ボート池北岸

アカシデ

平成18年11月25日撮影

大宮公園旧ボート池北岸

アカシデ

平成19年11月18日撮影

大宮公園旧ボート池北岸

お問い合わせ

都市整備部 大宮公園事務所  

郵便番号330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町四丁目

ファックス:048-641-2656

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?