大宮公園 > 大宮公園緑花情報 > メタセコイア

ここから本文です。

ページ番号:22911

掲載日:2010年4月1日

メタセコイア

大宮公園緑花百景 詳細情報

メタセコイア

メタセコイア スギ科メタセコイア属 花期:2月~3月

見られる場所 旧ボート池、白鳥池

中国原産の落葉針葉樹。日本の三木茂博士の研究により化石植物とされていたが、1945年に中国四川省の長江支流の奥地で発見され、生きている化石として有名となる。似たものに北米原産のラクウショウがあるが、メタセコイアが小葉、側枝とも対生であるのに対しラクウショウは互生であることで区別できる。別名はアケボノスギ。

メタセコイア

平成19年6月3日撮影

大宮公園白鳥池

メタセコイア

平成17年10月16日撮影

大宮公園白鳥池

メタセコイア

平成17年11月27日撮影

大宮公園白鳥池

お問い合わせ

都市整備部 大宮公園事務所  

郵便番号330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町四丁目

ファックス:048-641-2656

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?