Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第110回小林理恵さん(深谷市))

ここから本文です。

 

掲載日:2019年1月11日

埼玉農業女子(第110回小林理恵さん(深谷市))

消費者へ「花のある暮らしのお手伝い」をしていける生産者でありたい

 深谷市で『頭の良くなる花』®としてブランド化された「カランコエ」を中心に施設鉢物経営を行う「小林花卉」の小林理恵さんを紹介します。  

 

  小林花卉は、深谷市で鉢花・花苗の生産をしています。「綺麗で可愛い花がいつもある、ほっとする空間」、そんな花のある暮らしをお手伝いしたいと思い、心を込めて花づくりをしています。

小林理恵さん

 主力品目は多肉植物のカランコエで、その他オステオスペルマム、チェリーセージなど多くの種類の花苗を栽培しています。

理恵さんは、従業員・パートさん含め総勢30名の大所帯の中で、毎日楽しく仕事ができるように笑顔で声かけを行い、一人一人の様子に気を配るよう心がけています。

また、小林花卉ではオリジナル商品の開発を積極的に行い、『頭のよくなる花』®の商標登録を始め多くの知的財産権を有しています。理恵さんも女性の視点を生かして商品開発に参画しています。

カランコエ   

   

今回農業版ウーマノミクス事業(女性の視点を生かした商品開発支援事業)を活用して開発した商品「幸せの四つ葉のクローバー」は、高確率で四つ葉が出現する品種をベースにしています。四つ葉のクローバー

特にポットの形状、ラベルデザインにこだわり、20代女性をターゲットに思わず「かわいい!」と手に取ってみたくなるインテリア小物のような商品づくりを目指しました。さらに土を使わず室内に飾りやすい栽培方法を工夫しました。

四つ葉のクローバーの小鉢

商品は、鴻巣花きや都内の市場のほか、深谷市のふるさと納税返礼品として取扱われ好評価を得ています。

今後も女性の視点を生かして経営に参画し、夫とともに経営を発展させていきたいと笑顔で答えてくれました。

長瀞町の宝登山ロープウェイ山頂駅付近には、四つ葉のクローバーをテーマにした「宝登山FOUR LEAF GARDEN」があります。今年は小林花卉の四つ葉のクローバーも植栽されています。

皆様に幸せが訪れますように!

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?