Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第117回関口裕美さん(熊谷市))

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月31日

埼玉農業女子(第117回関口裕美さん(熊谷市))

米農家の奥さん、いちご栽培にチャレンジ!

昨年初めて「いちご栽培」にチャレンジし、手応えを感じています。

 熊谷市の吉岡地区で米麦と露地野菜を栽培する大きな農家の奥さん、関口裕美さんを紹介します。

 関口さん1

 笑顔でいちごを持って

 

 裕美さんは、熊谷駅近くの街なかで生まれ育ち農業には無縁でしたが、夫が勤めを辞めUターン就農したのをきっかけに手伝うようになりました。

 

 「ずっと気になっていたいちごを自分が主体で栽培したい」という秘めた思いが次第に膨らんできて、平成30年夏に行動を起こしました。

関口さん2

 真剣な眼差しで管理作業

 

 まず市内のいちご栽培農家に週1回通い栽培管理の基礎を学びながら、余っていた稲育苗ハウス(100平方メートル)で、農林振興センター職員の指導のもと、研修先農家で譲ってもらった苗400株を定植し、念願のいちご栽培が始まりました。

 暖房機を使わないため温度管理には神経を使いましたが、何とか順調に育ちました。

 毎日ハウスに通うのが楽しみで、まるで我が子を育てるような気持ちで栽培しました。

 関口さん3

 赤く実ったいちご

 

 何とかおいしいいちごが収穫でき、3月には友人の主催するイベントに出店し、自分で作ったいちごが多くの消費者に喜ばれたので、「次回作も頑張ろう!」と励みになりました。

 次回作は倍の800株の定植を目指し、今現在、育苗にも挑戦中です。

関口さん4

 緑広がる田んぼの前で

 

 平成最後のチャレンジとなったいちご栽培ですが、沢山の喜びと大勢の人との繋がりをもたらしてくれ、令和も期待で膨らんでいます。

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?