Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第113回菅野亜希さん(美里町))

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月13日

埼玉農業女子(第113回菅野亜希さん(美里町))

野菜づくりと育児を頑張っている美里町の菅野亜希さんを紹介します

 就農して7年目になります。

菅野亜希さん

菅野さんは、大学在学時に環境問題を学び、環境問題と農業との関わりに大きな関心を抱き、大学卒業後に援農ボランティアを体験しました。その後、県農業大学校で就農希望者向けの研修に参加し、農業を始めようと決意しました。

農業大学校で研修した後には、美里町や旧児玉町での研修し、そして移住が決まりました。

就農に当たっては研修先とのつながりで、農地や農業に必要な機械等も借りられることになりました。

 

現在、就農して7年目となり、友人とふたりで美里町と神川町でブロッコリーを約1ha、たまねぎを20a、ズッキーニを10a栽培しています。

ブロッコリーは農協に、たまねぎは生協に、ズッキーニは生協と農協に出荷しています。

栽培へのこだわりは、化学合成農薬や化学肥料を極力使わないことと語っていました。

 

菅野さんは4歳の女の子と1歳の男の子、2人の小さなお子さんのいるお母さんでもあります。

農業と家事に一生懸命の日々を送っている菅野さん。

今後は、今の農地を最大限に生かす努力をしながら少しずつでも規模拡大をしていきたいと語っていました。

ブロッコリー

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?