Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 埼玉農業女子特集 > 埼玉農業女子(第101回田畑淳子さん)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月24日

埼玉農業女子(第101回田畑淳子さん(三芳町))

狭山茶の深い緑色が好き 

若い世代にお茶を身近に感じてもらいたい。失敗を恐れず新しいことにどんどん挑戦しています。

お茶畑にて

茶の栽培から製造・販売まで一貫して行う三芳町上富の株式会社田畑園で、販売、接客部門を担っているのが淳子さんです。

淳子さんは結婚後も看護師の仕事を続けていましたが、嫁ぎ先の田畑園の法人化を機に就農しました。看護師の仕事が好きだったので、初めはどこにやりがいを見つけようかと戸惑いましたが、若い世代にお茶を身近に感じてもらいたいと「茶育指導士」の資格を取得し、日常の食事にお茶を取り入れる方法について指導を行っています。

ウーマノミクス事業を活用してラベルを一新した狭山茶コーラを見る淳子さん

目に鮮やかな緑色のワーゲンバスで“TABATAEN CAFE”を展開したのも淳子さんの発案です。お茶を身近に感じてもらいたいと、持ち前の探求心で新しいことにどんどん挑戦しています。

機動力抜群TABATAEN CAFE

「今は、急須のない家庭が増え、お茶の需要が減っていますが、現状にとどまらず飽きられないためには何をしたらよいのか考えることは楽しい。」と話す淳子さん。これからも挑戦は続きます。

自宅店舗の前で

お問い合わせ

農林部 農業支援課 普及活動担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?