ページ番号:217582

掲載日:2022年6月27日

ここから本文です。

本庄市銀座通り×クラフトビール醸造所

JR本庄駅北口から徒歩約5分の銀座通り。レトロな街並みとアットホームな商店が軒を連ねる通りに、クラフトビール醸造所が誕生しました。

令和4年3月にグランドオープンした本庄銀座ブルワリー。ここは職人さんが精魂込めて作ったビールを飲みながら、食事も楽しめるという場所。瀟洒な店内では、お客さんがお店のかたと楽しそうに会話しています。

「本庄にもっとたくさんの人が来てほしい」「地域に誇れるモノづくりをしたい」と語る店主の中田翔(なかだしょう)さんに、お話を伺いました。

笑顔が素敵な中田さん(左)とスタッフの金城さん(左)

笑顔が素敵な中田さん(左)とスタッフの金城さん(右)

ーどうしてクラフトビール醸造所を立ち上げようと思ったのですか?

まず、ビールの魅力に目覚めたのは、学生時代に留学したオーストラリアでのこと。当時通っていた語学学校で、多国籍な仲間たちともっと交流したいと、ビールと寿司を呼び水に交流パーティを企画。集まった人たちがとても喜んでくれたのを見て、ビールは人と人をつなぐものだ、と実感したんです。

それから、鼻の手術をしたこと。以前と比べて鼻が良くなって、人が感じていないビールの匂いや味が分かるんじゃないか…と思うようになりました。それでビールを作りに興味を持ったんです。

その後サラリーマンをやったり、栃木へ修行に出たりして、今に至ります。

ー本庄市銀座を選んだ理由は?ー

地元に貢献できる場所で、と元々考えていたんです。そんなとき、美容室をやってる同級生から、隣の店舗で店をやってみないかという提案が…。

その場所というのが、交通量の多い通りに面していて、近くに同業の居酒屋さんもある。ここならお酒を楽しむ人の目に留まる。何より地元・本庄市で挑戦できると思って決めました。

ーご縁に恵まれたんですね。店構えもそうですが、内装もとても素敵です。これはご自分で?ー

いえ。以前アルバイトをしていた頃、とにかくセンスのいい同僚がいて、自分の店をやるなら彼に頼みたいと前々から思っていたんです。その人が東京でデザインの仕事をした後、地元に戻ってきていたので、その人にお願いしました。

ーお隣の美容室のかたと言い、デザインに携わったかたと言い、ご友人に恵まれてますね。お話をしていて、とても親しみやすいお人柄が伝わってきました。ー

もっと外向きに

ー本庄地域にもっと賑わいを生むにはどうしたらいいと思いますか?ー

もっと外から人を呼び込むことじゃないかと。地元の人が地元の人のためにやると、どうしても内向きになりますよね。

本庄地域はもともと外向きの歴史がある町です(※1)。外貨獲得じゃないけど、都内とかからもっとお客さんに来てもらえるように。もっと外向きになることじゃないですかね。

(※1)江戸時代には中山道最大の宿場町「本庄宿」として大いに賑わっていました。

ークラフトビールのこだわりの点は?ー

本庄産の天然水である硬水を使っていて、これがビール作りにとても合う。麹も本庄産です。

本庄銀座ブルワリーのクラフトビール

左からHONJO GINZA BREWERYのDOOR、BABY、Honjo Special Bitter

ーこの地域ならではのビールということですね。ー

ー今後挑戦してみたいことは?ー
ビアフェスをやってみたいです。大きな規模じゃなく、小さくてもいい。続けていけるくらいの規模が大事だと思います。
それから、海外の日本食レストランなどでクラフトビールを提供していきたいです。飲んだお客さんが本庄に、お店に来てくれたら嬉しいです。
ラベルに"made in japan"と入れたように、実は海外輸出を意識してます。
ーそうなんですね。ビアフェスが実現したら地域がもっと元気になりそうですね。海外輸出も是非実現させてほしいです。楽しみにしています。中田さん、どうもありがとうございました!ー

本庄銀座ブルワリー店舗情報
住所 本庄市銀座1-9-23
電話 090-1767-3338(併設タップルーム)
Facebook https://www.facebook.com/honjo.ginza.brewery/

 

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター 本庄事務所 地域振興・産業労働担当

郵便番号367-0026 埼玉県本庄市朝日町一丁目4番6号 埼玉県本庄地方庁舎1階

ファックス:0495-22-6500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?