埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:218712

掲載日:2022年7月12日

令和4年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(秋山もえ議員)

学校生活は、子どもたちとともにつくるもの―校則改定の手続明記を―校則の見直しの進捗状況について

Q   秋山もえ 議員(共産党)

昨年10月、教育長は、地毛証明のほかにも、ツーブロックやいろんな、女性の髪型が規定されていますが、髪型や下着の色、柄については、子供の人格や個性を尊重する観点から積極的に見直してほしいと、該当するこの校則の廃止を求めておられます。教育長、見直しの進捗状況はいかがでしょうか。

A   高田直芳 教育長

昨年実施した校則に関する調査結果では、髪型に関して規定を設けている学校は、全日制高校134校のうち127校、下着の色や柄について規定を設けている学校は9校ございました。
この結果を受け、県では、各学校における髪型や下着の色や柄についても、各学校に対して積極的な見直しを行うよう指示をしたところです。
各学校における見直しの進捗状況でございますが、下着の色や柄についての規定を設けているいくつかの学校に聞き取りを行ったところ、多くの学校で既に規定を廃止しており、積極的な見直しが進んでいるものと認識しております。
県といたしましては、髪型も含め全ての県立学校における見直し状況を把握するため、今年度あらためて校則に関する調査を実施するとともに、引き続き積極的な見直しを行うよう指導してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?