埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:218693

掲載日:2022年7月12日

令和4年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(秋山もえ議員)

真のジェンダー平等へ ―性暴力被害者に寄り添う支援を―夜間におけるアイリスホットラインや拠点病院の職員による支援について

Q   秋山もえ 議員(共産党)

アイリスホットラインは、現在、24時間365日対応していますが、夕方の5時から翌朝8時半まで、委託を受けた東京の民間会社による電話対応です。これでは、夜間は病院などへの同行支援ができません。110番をすれば警察が同行するとのことですが、そもそも警察に届出すること自体をちゅうちょする被害者も多く、ハードルが高過ぎます。
病院拠点型の、例えば千葉県の性暴力被害支援センターちさとでは、支援電話「ほっとこーる」を設置し、夜間も緊急支援に対応しています。同行支援も行っています。被害者に寄り添った支援を実施するためにも、24時間365日、夜間も含め、アイリスホットラインの職員あるいは拠点病院の職員が同行支援できるようにすべきと考えますが、県民生活部長、いかがですか。

A   真砂和敏 県民生活部長

アイリスホットラインでは、執務時間外の業務を民間会社に委託し、運営しております。
委託業者が、緊急な支援が必要と判断した場合には、警察への届出を促す、若しくは速やかに援助センターの職員に引継いで対応していると伺っております。
引継いだ職員は、警察への届出に抵抗がある被害者に対しましては、具体的な被害状況をより丁寧に確認、説明した上で、同行支援か届出かなどの判断を行っております。
夜間は、公共交通機関が運行していない時間帯もあるため、被害者の危険をいち早く取り除くという姿勢が第一と考えます。
議員お話の御提案も支援の一つかとは存じますが、被害者にとって最良の支援は何かを総合的に判断することが大切と考えます。
引き続き、より良い支援体制について、被害者の立場に立って、援助センターや関係機関と意見交換を行ってまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?