埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:218691

掲載日:2022年7月12日

令和4年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(秋山もえ議員)

真のジェンダー平等へ ―性暴力被害者に寄り添う支援を―性暴力被害者支援のための病院拠点型支援センター設置について

Q   秋山もえ 議員(共産党)

本県は、アイリスホットラインで相談を受け付け、6拠点病院につなぐ、いわゆる連携型です。しかし、全国には、病院内にアイリスホットラインのような電話相談を受ける機能を擁している病院型のワンストップ支援センターがあります。国のセンター開設運営の手引きを見ても、埼玉県のような連携型というのは、被害者へのワンストップな支援の提供という点では課題があるとしています。名実共にワンストップで支援するためには、病院型が最適だと考えます。
新都心の赤十字病院などに病院拠点型の支援センターを整備し、そこを軸にしながら6拠点の底上げをしていくべきだと考えますが、病院拠点型の支援センターをつくることについて、県民生活部長、いかがでしょうか。

A   真砂和敏 県民生活部長

県内いずれかの地域に居住する被害者に対しまして、迅速な支援を行うためには、相当数の病院拠点型センターの設置が必要となると考えております。
県では、被害者支援の在り方につきまして、県産婦人科医会をはじめ、県警察や埼玉犯罪被害者援助センターの4者で協議を重ねております。
その結果、産婦人科医や専門的知識を有する相談員が限られていることなどから、現時点においては、病院拠点型支援センターによる支援ではなく連携型の支援を行っていくと4者で確認しております。
引き続き、関係機関が緊密に連携し、被害者に寄り添った支援を実施してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?