埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:218698

掲載日:2022年7月12日

令和4年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(秋山もえ議員)

県営住宅は命綱―住宅困窮者の願いにこたえ、拡充を―上尾丸山団地の募集と空き室について

Q   秋山もえ 議員(共産党)

県営住宅の空き戸数は、直近で4,178戸と伺っています。私の地元の上尾円山団地の現在の空き戸数は180戸中、50戸です。こちらの募集倍率は、令和3年度、一般住宅は1.57倍だったようです。募集戸数は令和3年で15戸。
そこで、都市整備部長に伺います。
なぜこれしか募集をせず、空き室を50戸もつくっているんでしょうか。

A   村田暁俊 都市整備部長

空き室が発生した場合、新たな入居者を決定するには、公営住宅法に基づき、公募や抽選、資格審査などの期間が必要となります。
また、応募機会の均衡を図るため、募集住戸の選定に際しては、地域バランスや入居者の年齢が偏らないよう調整するとともに、年4回の定期募集での募集戸数が均等となるようにしております。
このため、民間賃貸住宅と比較して空き室の期間が長くなります。
上尾丸山団地の空き室が50戸となっていることは課題であると認識しておりまして、令和4年4月の定期募集では昨年度同期に比べまして6戸増やし、8戸の募集をしております。
なお、令和4年度は、県営住宅全体の定期募集の戸数を令和3年度に対し1.3倍、3割増しにするなど、応募機会の拡大にも努めているところでございます。

再Q   秋山もえ 議員(共産党)

課題だと認識しているということで、今回は増やしていくよということだったんですが、民間ではやっぱりもっと早いサイクルでリニューアルをして、なるべく空き室をつくらないようにできる限り努力をしているわけなので、その点、もっと県は努力すべきだと思うんですが、いかがでしょうか。

再A   大野元裕 知事

先ほど令和4年度の定期募集の戸数を3割増やすということでございますが、やはり、一番のネックが退去修繕にお金と時間がかかるということでございまして、全体的なその県営住宅の修繕費の中の使い方を見直して、退去修繕を優先するということを踏まえて、今回、3割増しにするということをやっているところでござまいます。
これによりまして、入居率が上がれば、家賃も収入も増えるということで、その後につきましては、その増えた収入をもって退去修繕に回していくと、このような循環を作っていきたいと考えているところでございます。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?