Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年11月8日

「出雲伊波比神社の流鏑馬」が開催されました

11月3日(土曜日)、毛呂山町で「出雲伊波比神社の流鏑馬」が開催されました。

出雲伊波比神社の流鏑馬は、源頼義・義家父子が奥州平定の際に出雲伊波比神社で戦勝祈願を行い、凱旋の際に再びこの地を訪れて流鏑馬を奉納したのがはじまりと言われています。
埼玉県内で毎年行われている流鏑馬は毛呂山町だけ。そして矢を射る「乗り子」を町内の小・中学生が務めるのも毛呂山町だけです。

午前9時から行われた朝的(あさまとう)では、3人の乗り子が蓑の的への騎射や見事な馬上芸を披露し、大勢の観客から盛大な拍手が送られました。

そして、今回の流鏑馬では、隣接するウィズもろやま(福祉会館)で特産物の「桂木ゆず」と「苺」のグルメをそろえた「やぶさめ横丁」が初めて開催されました。
女性有志の会「もろ味の会」は、4年の歳月をかけて開発したモロヘイヤ入りうどん「もろっこうどん」を初お披露目。ブースでは、生麺、乾麺のほか柚子の皮と茹でたモロヘイヤをトッピングしたかけうどんを販売しました。毛呂山町(もろやままち)との「モロ」繋がりや栄養価の高い食材であることからモロヘイヤを選択し、畑の土作りをはじめモロヘイヤ作りも全て「もろ味の会」の皆さんが力を合わせて行ったそうです。「もろ味の会」のお母さんたちの力作「もろっこうどん」は、麺がつるつるでもっちり。ゆずとモロヘイヤの相性も最高でした。

 流鏑馬もろ味の会の皆さん

お問い合わせ

企画財政部 川越比企地域振興センター 地域振興担当

郵便番号350-1124 埼玉県川越市新宿町一丁目17番地17 ウェスタ川越公共施設棟4階

電話:049-244-1110

ファックス:049-243-1707

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?