トップページ > 健康・福祉 > 健康 > 母子保健 > 人工妊娠中絶に関する情報について

ページ番号:226741

掲載日:2023年1月24日

ここから本文です。

人工妊娠中絶に関する情報について

人工妊娠中絶とは? 

人工妊娠中絶の定義

母体保護法第2条第2項において、「胎児が、母体外において、生命を保持することのできない時期に、人工的に、胎児及びその附属物を母体外に排出すること」と定義されています。

人工妊娠中絶が受けられる期間

中絶手術は、母体保護法で定められており、妊娠21週6日までしか受けることができません。

また、中絶手術は、妊娠週数により、初期中絶(妊娠11週6日まで)・中期中絶(妊娠12週0日~21週6日)に分かれています。

人工妊娠中絶手術の方法

初期中絶では吸引(きゅういん)や掻爬(そうは)という方法で、胎児を体外に排出する処置を行います。

一方で中期中絶は人工的に陣痛と同じような痛みを起こして、子宮口を開き流産させる方法となり、日数がかかるため、入院が必要になります。

身体や精神的負担、また経済的負担を考えると、初期中絶の方が負担は少なくなります。

ご自身の妊娠週数がわからない場合には、産婦人科医療機関に御相談ください。

<にんしんSOS埼玉 「妊娠・出産の基礎知識」より引用>

 

人工妊娠中絶後の心理状態

人工妊娠中絶は、「話すことのできない悲嘆」といわれます。(J・W・ウォーデ ン:悲嘆カウンセリング)

中絶の経験は本人にとっては公に話しにくい事柄であ り、周囲もそれを慮り、そっとしておこうとしたり、何事もなかったかのような態度 を取ったりしがちです。

人工妊娠中絶は、理由の如何にかかわらず、限られた時間内での意思決定があります。

また、最終的には、このことを自分(たち)が決めたということを抱えていく体験です。

この経験をした方の悲嘆は深く、「子どもに対して申し訳ないという気持ち」や「自分を責めてしまうこと」をはじめとする罪悪感や子どもを想う気持ちを持つことも許されないのではという葛藤や辛さを感じ、なかなか他者に話すことが難しい状況にあるといわれます。

<子どもを亡くした家族へのグリーフケアに関する調査研究(令和3年度子ども・子育て支援推進調査研究事業)より引用>

人工妊娠中絶に関する相談窓口

人工妊娠中絶を考えている方、人工妊娠中絶を経験された方の相談

にんしんSOS埼玉

にんしんSOS埼玉は、思いがけない妊娠に関する相談窓口ですが、妊娠にまつわる全ての「困った」「どうしよう」を受けとめる窓口です。人工妊娠中絶を考えている方、人工妊娠中絶を経験された方の御相談もお受けしております。

助産師、看護師、保健師、社会福祉士等の専門職が御相談に対応します。 相談は無料です。 メール、電話でのご相談を受け付けます。 つらいお気持ちのときは、ぜひ御相談ください。

 ※相談内容に応じて、専門の相談窓口をご紹介することもございますので、御了承ください。

にんしんSOS花

 

流産や死産などでお子さんを亡くされた方やご家族の相談(グリーフケア)

埼玉県不妊症・不育症等ピアサポートセンター ふわり     

不妊症や不育症でお悩みの方、流産や死産などでお子さんを亡くされた方の不安や心配などについて、Zoomによるオンラインの通話相談及び面接相談を無料で行います。

不妊や不育などの経験のあるスタッフが、お気持ちに寄り添い、ていねいにご相談をお受けします。

肩の力を抜いて「ふわり」と相談してみませんか。

 ※相談内容に応じて、専門の相談窓口をご紹介することもございますので、御了承ください。

お問い合わせ

保健医療部 健康長寿課 母子保健担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?