トップページ > くらし・環境 > 環境・エコ > 自然環境 > みどりの再生(緑の保全、創出、活用) > 見沼田圃の市民活動が『プロジェクト未来遺産2014』に登録

ページ番号:197754

掲載日:2021年4月30日

ここから本文です。

見沼田圃の市民活動が『プロジェクト未来遺産2014』に登録

見沼田圃の保全、普及活動に取り組んできた市民団体等で構成する「未来遺産・見沼たんぼプロジェクト推進委員会」の活動【首都圏の大規模緑地・見沼たんぼを100年後の子ども達に残す】が、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟が主催する『プロジェクト未来遺産2014』に登録されました。

(参考1)『プロジェクト未来遺産』の概要
主催:公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
目的:“未来へ伝承すべき遺産”として子どもたちに地域の文化や自然環境を残し、伝えていく市民の活動を登録し、支援する制度
ホームページ:http://unesco.or.jp/mirai/

(参考2)「未来遺産・見沼たんぼプロジェクト推進委員会」の概要
設立:平成23年
代表:新井一裕氏(見沼たんぼくらぶ会長)
構成:20団体(市民団体15、農家2、埼玉大学3研究室等)
活動:(1)農業体験学習、自然保護・観察活動、歴史・文化学習
(2)見沼たんぼの環境資源や景観資源の研究、清掃活動
(3)教育活用、観光振興等の見沼の将来像に関する研究会 など
ホームページ:http://minuma-miraiisan.jp

お問い合わせ

企画財政部 土地水政策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?