ページ番号:179380

掲載日:2021年7月7日

ここから本文です。

障害者の芸術文化

障害のある人が創り出す作品には、今までの常識を覆すような個性豊かなもの、インパクトのあるもの、クオリティの高いものなど素晴らしい作品が数多くあります。
埼玉県では、この魅力を多くの方に知っていただきたく、美術展やダンス公演などを実施しています。

文化や芸術は、新たな価値を社会に生み出すとともに、多様性を尊重し、人と人の相互理解を進める力があります。
この文化・芸術の力により、多様であることを認め合う豊かな共生社会、心のバリアフリー、障害のある人の社会参加を推進します。

新着情報

R1ハンドルズ H30企画展
障害者ダンスチーム「ハンドルズ」公演(令和元年12月)

ⒸHARU

障害者アート企画展(令和元年12月)

埼玉県障害者アートフェスティバル

芸術性・創造性にスポットライトを当てた「埼玉県障害者アートフェスティバル」。障害者アート企画展や障害者ダンスチーム「ハンドルズ」公演、音楽ワークショップなど魅力あふれるイベントを開催します。

【主な事業のご紹介】
 障害者ダンスチーム「ハンドルズ」公演
 障害者アート企画展

 

障害者アートの魅力発信

ホテルや公共施設などでの常設展示や、企業・団体での展示・活用を推進しています。
オンライン上で作品をご覧いただける埼玉県障害者アートオンライン美術館も開館しています。

      ロゴ

障害者芸術文化活動支援センター

障害者アートに関する相談や人材育成、ネットワークづくりの拠点です。

 

表現活動状況調査

絵画や造形、演劇やダンスなど表現活動をしている障害のある方の情報を調査しています。

 

 関連情報

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?