トップページ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害者の芸術文化 > 障害者アートの利活用推進

ページ番号:216258

掲載日:2022年4月1日

ここから本文です。

障害者アートの利活用推進

埼玉県では、魅力的な障害者アートを様々な場面でご活用いただくため、以下の取組を行っています。

 障害者アートを活用してみませんか

県では、企業や団体の皆さまに、作品のご紹介、作家が所属している福祉施設のご紹介などマッチングをしています。

障害のあるアーティストの作品は、国内外で多くの注目を集めており、企業・団体での採用事例も多数あります。

企業や団体の皆さま、魅力あふれる作品を、貴社・貴団体のお取組に活用しませんか。

  • 心に残る独創的なデザインになります。
  • 個性あふれる作品が、お客様との話題になります。
  • CSRやSDGsのお取組にもつながります。

チラシ(PDF:690KB)

活用例

  • カレンダーやクリアファイルなどノベルティグッズに
  • 広報紙やカタログの表紙に
  • ロビーや応接室を華やかな空間に  


うちわ


カレンダー


クリアフォルダー


マグカップ


筆箱


コースター


トートバッグ


シャツ


応接室に展示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業・団体における活用事例

  ・カネパッケージ株式会社

 

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?