トップページ > 障害者アート利活用事例(真下建設株式会社)

ページ番号:225927

掲載日:2022年11月22日

ここから本文です。

障害者アートの利活用事例(真下建設株式会社)

令和4年11月1日、本庄市にある真下建設株式会社において、県内にお住まいの障害のある作家2人の絵画計2作品がリース契約により展示されました。
なお、会社来訪者以外の方の閲覧は御遠慮いただいておりますので、あらかじめ御了承ください。

利活用企業

利活用方法

  • 絵画作品をリースにより6か月間展示

展示風景・展示作品名等

  •  会社内の応接室2室に展示していただきました。
会議室の展示風景1      会議室の展示風景2  

 

             efjyuuren           siroineko
  「EF重連  上越線」福島 尚   「白い猫」相田大希

 

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?