掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

高周波信号発生器

機器番号 100
機器分類 電気・電子測定機器
メーカー名 アンリツ
型番等 MG3642A
装置概要 MG3642A シンセサイズド信号発生器は、125kHz~2080MHzの周波数をカバーする高純度な信号源です。また、全周波数帯域にて0.01dB 高分解能で+17dBmまで安定して高出力できるので、ローカル信号源やパワーアンプ用リファレンス信号源に余裕を持って活用できます。
主な仕様

コネクタ:N(50Ω)。周波数範囲:125kHz~2080MHz

出力レベル:-143dBm~+17dBm、分解能0.01dB

信号純度:SSB位相雑音<-130dBc/Hz(1GHz,20kHzオフセット)、非高調波スプリアス<-100dBc

変調:振幅(AM)、周波数(FM)、パルス

研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。簡単な説明を受ければ、利用できます

使用料(1時間当たり) 50円
装置写真 機器の写真

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?